HOME > オイル講座・Q&A > エンジンオイルの役割

エンジンオイルの役割

オイルはエンジン内でどのような働きをしているのか?

エンジンオイルには、潤滑だけでなく冷却や防錆など、トラブルのないようにエンジンを動かし続けるためのいろいろな役割があります。まずは、下の図に記された潤滑油の働きを理解しましょう。さて、実際にエンジンが駆動しているときには、図のような作用が同時に働いています。そして、エンジンオイルはススやスラッジによって汚れ、さらにエンジン内に発生した水分によって酸化されていきます。このようにしてエンジンオイルは劣化し、本来の機能を発揮できない状態になります。これがエンジンオイルを交換しなければならない理由なのです。もし、交換しないままでいると、各種作用が満足に働かなくなり、結果的に焼き付きなどのトラブルを起こします。

1.潤滑

金属同士の摩擦を減らすための作用で、油膜を作って滑りをよくさせる作用。

2.冷却

燃焼や摩擦によって発生する熱を吸収し、外部にその熱を放出させる作用。

3.防錆

水分や空気など錆を生む原因になる成分を金属面に触れさせないようにする作用。

4.密封

圧縮ガスや爆発ガスが漏れないように、ピストン、シリンダーの隙間を埋める作用。

5.清浄分散

エンジン内部に生じるカーボンやスラッジなどの汚れを洗い落とし油中に分散させることでエンジン各部に堆積するのを防ぎ、清浄に保つ作用。

↑ページトップへ