HOME > オイル講座・Q&A > エンジンオイルの種類

エンジンオイルの種類

エンジンオイルの規格って、どのように表示されているの?

エンジンオイルの基本となる性能は、以上に挙げた通りです。しかし、実際にはクルマの種類や用途、ドライビングスタイルによって適した特性が変わります。自然吸気(NA)エンジンのクルマ、ターボチャ-ジャーを装着しているクルマ、排気量が小さい軽自動車、街中で走るだけのクルマ、スポーツ走行するクルマ、レース専用のクルマなどなど、ひとくちにクルマといっても最適なエンジンオイルは千差万別となるわけです。
BPが数多くのラインナップを揃えているのは、そんなクルマの種類や用途、ドライビングスタイルに最も適したエンジンオイルを選んでいただくため。また、オイルには米国自動車技術者協会による粘度の分類を示す規格<SAE>、米国石油協会による品質分類の規格<API>、潤滑油国際標準化及び認定委員会による品質分類の規格<ILSAC>があります。

SAE(米国自動車技術者協会)粘度番号

オイルの粘度を表す番号。この粘度番号を知ることで、使用条件に合う適正な粘度のエンジンオイルを選ぶことができます。
SAEに関する詳しい説明はこちら

API(米国石油協会)規格及びマーク

オイルの品質規格、ガソリンエンジン用は頭がSではじまり、SA~SNまでの分類がある。現在SNがガソリンエンジン油の最高規格。ディーゼルエンジン用は頭がCではじまり、CA~CI-4に分類される。現在CF-4クラスが日本のディーゼルエンジン油の上級グレード。
API分類一覧はこちら
高温時におけるオイルの耐久性能、清浄性能、酸化安定性を向上すると共に厳しいオイル揮発試験に合格した環境対策規格。

ILSAC(潤滑油国際標準化及び認定委員会)マーク

API規格に合格し、さらに日米の自動車工業会で組織するILSACの燃費テストに合格した製品だけが表示することができます。現在のILSAC最高規格であるGF-5を取得するには、新油だけでなく使用油の燃費テストが課せられ、省燃費性能において初期性能と耐久性能を要求される厳しい規格です。

ACEA規格

ACEAとは“欧州自動車工業会”のことです。この欧州自動車工業会が定めたエンジン油の規格のことを“ACEA規格”と言います。
Association des Constructeurs Europeens d'Automobilesの頭文字を取ってACEAと略しています。Aシリーズはガソリンエンジン油、Bシリーズはライトデューティーディーゼル油に関する規格です。また、ハイフン(-)の次の02、98等は制定年度を表しています。
ACEAに関する詳しい説明はこちら

JASO

日本の自動車用ディーゼルエンジンオイルの品質に関するガイドライン。

DH-1

動弁系部品の摩耗防止、EGRの装着や噴射タイミングの遅延等による油中ススの増加に対応するピストンの清浄性の確保、高温下で使用される場合の酸化安定性向上、触媒対策規格。

DH-2

DH-1で要求されているエンジン清浄性、磨耗防止性に加え、DPFの詰まりの原因となる燃焼残渣物(灰分)と、触媒性能を損なう懸念のある成分の低減などを求めている。

DL-1

ディーゼル微粒子捕集フィルター(DPF)を装着し、新短期以降の規制に適合した新型ライトデューティー用ディーゼル車に用いるエンジン油のガイドライン。JASO DH-1の要求性能に加え、エンジン油中の灰分の規定により、DPFの詰まり寿命を大幅に向上。また、省燃費性を規定し、油中のリン、硫黄含有量の目標値を設定するなど、環境負荷を低減。高温酸化防止性も強化。

↑ページトップへ