HOME > オイル講座・Q&A > ギヤーオイル・ATFに関するQ&A

ギヤーオイル・ATFに関するQ&A

ギヤーオイルの働きは?

ギヤーは入り口でエンジンの高い回転数を受け付け、出口からゆっくりした回転数を出してくれます。そして回転力は回転数とは反対に大きくなって出てきます。

そのようなギヤーでのオイルの働きは、マニュアルトランスミッション内部の沢山の歯車の噛み合い部を潤滑します。
噛み合い部には大きな力が加わります。つまり摩擦作用も強く、熱も沢山出ます。オイルは歯面の間に入って大きな力が加わっても追い出されないように頑張りながら摩擦を和らげ、熱も下げなければなりません。また歯と歯は急にまわりはじめる時はぶつかります。この衝撃も吸収しなければなりません。更にベアリングの潤滑もしなければなりません。隙間に入り込むためには粘度は低い方がよく、大きな面圧に耐えるには粘度は高い方が有利です。もちろん他にも色々な性能が要求されます。

このような働きに耐えるギヤーオイルは●極圧性が高い事。●熱安定性に優れている事。●酸化安定性に優れている事が求められます。

ギヤーオイルって交換するの?

エンジンオイル同様定期的に交換すべきです。

マニュアルトランスミッションの下部についているドレーンコックを外してみれば、交換が必要な事がわかります。
このコックには磁石が埋まっています。ここに金属粉がびっしりついているはずです。 主に歯車の歯が噛み合い、摩耗した粉です。新車時は、その量が特に多くなります。金属粉の多くはオイルに混じりマニュアルトランスミッション内を動きまわります。この点だけでも定期的なオイル交換の必要性がわかります。またマニュアルトランスミッションは密封ではなく、空気が出入りしています。さらに熱も加わるのですから、添加剤の劣化や酸化が生じるのはどのオイルも同じです。

ある国産車は一年に一回はマニュアルトランスミッションオイルの点検を指定しています。しかし構造上、量の点検はできても、劣化度や金属混入の点検は不可能です。やはり定期的にオイル交換するのが理想です。

オートマチックトランスミッションフルードの働きは?

ATFはこの複雑なAT内部で、複雑かつ重要な仕事をしています。(図参照)

*マークのついている仕事は、マニュアルトランスミッションのギヤーオイルが行っている以外の仕事です。
ATFの方が、優秀かつ働き者である事がよくわかります。クラッチ及びシフトの自動化は、ATFが支えているといっても過言ではありません。従ってATFの性能が低下してくると力の伝達が十分に出来なくなり、車の加速や燃費が悪くなってしまいます。
またシフトチェンジがスムーズに出来なくなり、ギクシャクした走りになります。

ATFって交換するの?

ATはオイルクーラーを装備し、ATFが高温にならないよう配慮されていますが、それでも渋滞でのゴー&ストップの頻繁な繰り返しや高速連続走行では、ATFは高温になることが間々あります。その結果、劣化のペースは早くなります。

またATFには多板クラッチの摩耗した粉や、ギヤーの摩耗した鉄粉が混入します。これらの異物は内部のフィルターで濾過されていますが、フィルターの目を通り抜けるような細かい異物も皆無ではありません。異物が油圧制御機構に入り込むと、故障の原因にもなりかねません。

やはり定期的に新しいATFに交換するにこしたことはないのです。

「DEXRON」とか「MERCON」って何?

ATFの規格にはGMとFORDがあり、DEXRONがGM、MERCONがFORDの規格。1994年GMのDEXRON III規格の登場で、それまで互換性のなかった両規格がDEXRON IIIでほとんどのATに対応が可能となりました。しかし、旧式のFORDの場合はタイプFを指定している事があり、これには互換性がないので注意が必要です。

GL-5・GL-4とは?

ギヤーオイルのAPIサービス分類のこと。
現在GL-1からGL-6までその過酷度に応じて分類されていますが、自動車用としては極圧剤が添加されたGL-3~GL-6が使用されています。詳しい分類は次の通り。働きについては「ギヤーオイルの働きは?」の項を参照して下さい。

ギヤーオイルのAPIサービス分類
サービス分類 適用 自動車での使用箇所
GL-1
(レギュラータイプ)
低荷重、低速のスパーギヤー、ヘリカルギヤー、ウォームギヤー及びベベルギヤーに用いる 自動車の潤滑条件を満足させないため全く用いられない
GL-2
(ウォームタイプ)
速度、荷重のやや過酷な条件下のウォームギヤー及び、その他のギヤー(ハイポイドギヤーを除く)に用いる 自動車の潤滑条件を満足させないため、特殊な場合を除いてほとんど用いられない
GL-3
(マイルドEPタイプ)
GL-1、GL―2レベルのギヤーオイルに不適当な条件下のギヤーに用いる(ハイポイドギヤーには不適当) トランスミッション、ステアリングギヤー及び条件の緩やかなディファレンシャルギヤー(ハイポイドを除く)に用いる
GL-4
(マルチパーパスタイプ)
ハイポイドギヤー及びきわめて過酷な条件下のギヤーに用いる。高速低トルク、低速高トルクに耐える ディファレンシャルギヤー、トランスミッション及びステアリングギヤーに用いる
GL-5
(マルチパーパスタイプ)
GL-4よりも過酷な条件下のハイポイドギヤーに用いる。高速低トルク、低速高トルク、高速衝撃荷重に耐える 特に過酷な条件のディファレンシャルギヤーに用いる
GL-6
(マルチパーパスタイプ)*
GL-5よりも過酷な条件のハイポイドギヤーに用いる。高速低トルク、低速高トルク、高速衝撃荷重に耐える。FORDの規格ESW-M2C105A(特にオフセットの大きいハイポイドギヤーに使用)を満足するもの 非常に過酷な条件のディファレンシャルギヤーに用いる

*分類試験部品の入手不可能のため、この規格は現在廃止。ただし廃止以前にパスした製品は表示可。

LSDオイルとは?

LSD(リミテッドスリップデフ)は、クルマがカーブを曲がる際などにタイヤが空転することを防ぐためデファレンシャルを一時的にロックしてしまう装置で、ノンスリップデフとも呼ばれます。

LSDオイルは、LSDが働く時の、駆動力と駆動抵抗による大きな摩擦トルクの発生を緩和するため、ギヤーオイルでも特に耐荷重性能の高い極圧性に優れているオイルが要求されます。

ミッションオイルとデフオイルの違いは?

ミッションとはトランスミッションの略称。エンジンの力を走行条件に合わせて段階的に取り出すために様々な歯車を組み合わせた装置。デフはデファレンシャルの略で、ミッションを通過してデフに送られてきた駆動力を車軸に伝え、クルマの走行状態によって左右の車輪の回転数に差を与えて、カーブなどを曲がりやすくする装置のこと。

デファレンシャルはギヤーの中でも、その働きから歯車間に高い圧力のほかに高速の横すべり運動が起こり、焼き付きなどのトラブルを起こしやすくなっています。このため、デフ用オイルはミッションオイルよりも極圧性の高いことが求められます。

↑ページトップへ